クレジットカードの審査に落ちても作れるETCカードがあります

法人や個人事業主さんのなかには、クレジットカードの審査に落ちてしまったらETCカードを作れないと思っている人も多いと思います。

 

実はそんなことはありません。クレジットカードとは関係なくETCカードを発行してもらえるサービスがあるので、それを作れば良いだけなんでです。

>> こちらの過去記事で紹介してみました

 

クレジットカード会社とETCカードの関係

通常、クレジットカード会社とETCカードは切っても切れない関係です。それはETCカードの料金を自社のクレジットカードで払ってもらえるからです。

 

だからVISAやマスターカードやJCBなどと提携している日本中のクレジットカードがほぼ全てがETCカードの発行窓口になっているんです。

 

もちろん、利用する側からしてもマイルを貯めることができるのでお得感もあるのが魅力です。

 

ただし、ETCカードが欲しいだけなのにクレジットカードの審査を受けなくてはいけなくなるので、どうしても新規

 

でも、上記で紹介しました「高速情報協同組合」なら、クレジットカードを作る必要がないので、当然、クレジットカード会社の審査を受ける必要がないんです。

 
なぜクレジットカード会社の審査に落ちるのか?意外な理由

クレジットカード会社の審査に落ちる理由としては以下のような理由があります。

    過去にクレジットカードを持っていた際に滞納を繰り返してしまった
    携帯料金の滞納をしてしまったことが何度もある
    銀行からの借り入れを滞納したことがある
    法人や個人事業主になってから数年しか経っていない

もちろんこれ以外にも、いろんな理由がありますが、主な理由は上記のようなものになります。

 

特に危ないのが、携帯代の滞納です。自覚なく契約上で携帯本体が分割払いになっていることが多々あるそうですが、その場合、携帯の通話料を滞納してしまっただけだと思ってたものが、実は本体の分割払いも滞納していることになっているというケースです。

 

この場合、本体の分割払いは携帯会社とは別のローン会社と契約をしていることになっていて、滞納した履歴はブラックリストとしてローン会社などが参照するデータセンターに記録されているんです。

 

なので、クレジットカードの審査をした際に、過去にローン滞納をしたことが認められると審査に落とされてしまうというわけです。

 

また、法人や個人事業主になってから数年しか経っていない場合には、クレジットカード会社の評価は厳しく見られるので、いくら儲けが出ている優良な業績でも、運営歴が数年というだけであっさりと審査に落とされてしまうんです。
 

この場合、どんなに頑張ってもクレジットカード会社の審査には通らないので、通常のETCカードの作り方は諦めるしかありません。

 

早々にクレジットカード会社と関係なくETCカードが作れるところでETCカードだけを発行してもらうのが得策ですよ

 

© 2019 ETCカード クレジットなし rss